お知らせ

同窓会活動報告

14期生卒業30周年学年同窓会が開催されました

2014年10月01日(水)

平成26年9月13日(土)草加アコスホールで、第14期生卒業30周年学年同窓会が開催されました。
今年のテーマは「キ・ン・ミ・ラ・イ・ヘ」。
「ただ再会を喜び懐かしむだけではなく、新たなスタートのきっかけにしてほしい」。というコンセプトです。
参加者は、同期生233名、恩師8名、総勢241名。過去最大の学年同窓会になりました。

14期生卒業30周年学年同窓会 全体風景

中身も、天の声(笑)という姿の見えない司会者(?)が進行役を務めていく前代未聞のスタイル。
最初の恩師紹介では、派手なBGMとスポットライトに照らされ、アナウンスに合わせて一人ずつ登場し各クラス席に着席。(プロレス形式か?)その次に先生からの呼び出しで、同期生が各自ステージへ上りクラス記念撮影。時間がかかっても出席者全員を紹介したいという実行委員の熱い思いが伝わってきました。

その後、「高級弁当!」を食べながらクラスごとに歓談タイム、食事後は2年時、1年時のクラスで歓談、その間アトラクションは一切なし。
片隅には「会いたい人コーナー」を設けて呼び出すサービスや、肥田商店の無人店舗、スライドショー上映コーナーなどもありましたが、出席者が一番望む歓談をメインにするという目的がはっきりした内容です。この間も各実行委員は自分の役割をしっかりとこなしていました。

14期生卒業30周年学年同窓会 歓談風景

そして、あっという間にエンディング。スライドショー上映の後は、やはりこの頃の代では欠かせない応援部の登場です。各応援歌を30年ぶりに披露してくれました。張り切りすぎて過呼吸?のため一旦休憩に入ったところで、実行委員全員が登壇。男女の代表荒谷さんと木下さんの挨拶のあと、天の声(笑)の主、実行委員長の西野さんが登場して挨拶。

最後は、復活した応援部の音頭で校歌斉唱とエールで締めました。北高14期生ここにあり!そんな叫びが聞こえてくる堂々とした素晴らしい同窓会でした。
このかけがえのない時間に立ち会えて、14期生の皆さんと感動を共有できたことを感謝いたします。ありがとうございました。そして14期生実行委員の皆さん本当にお疲れ様でした。

14期生卒業30周年学年同窓会

14期生卒業30周年学年同窓会

このように、越谷北高卒業30周年学年同窓会は、各代が威信をかけて毎年伝説となる個性的な学年同窓会を開催しています。
次にこのすばらしい伝統を引き継ぐのは15期生です!堂々と自分たちの学年同窓会を創り上げていってください。わたしたち越谷北高同窓会も全面的にバックアップしていきます。

では、また来年を楽しみにしてレポート終了といたします。

越谷北高同窓会会長 伊藤哲哉

 

◯第14期生卒業30周年学年同窓会実行委員長のコメントはこちら

◯第14期生卒業30周年学年同窓会実行委員のコメントはこちら

◯第14期生卒業30周年学年同窓会参加者の声はこちら