お知らせ

同窓会活動報告

13期生の卒業30周年学年同窓会参加者の声

2013年09月21日(土)

先日行われました、第13期生卒業30周年学年同窓会に参加された方の喜びの声が届きました!

 

DB2P0708 DB2P0810

 

  • あのタイムスリップした感覚は大変貴重な体験でした。30年の年月を隔ててあれだけの人数が集まることは自分の人生において恐らくもうないでしょう!越谷北高バンザイ!
  • 30年という長い年月を越えて、あのころに戻ったようでした。この日のために、ご尽力いただいた実行委員の皆さま、楽しいひと時をありがとうございました。30年目の再会は何とも言えない感動でした。また会える日を心待ちにしています。還暦までは待てませんよ!今日お話できなかった方、お越しいただけなかった方、次回は是非楽しみましょう。See you soon!
  • 過去は振り返らない主義なので、今まで一度も学年同窓会なるものには参加したことはありませんでした。今回初めての同窓会体験。楽しかったの一言に尽きます!企画、運営に力を尽くしてくださった実行委員の方々の手を一人一人握って感謝したいくらいです。おとなしい?私を忘れずに誘ってくれて有難う!
    また、次回があると良いですね。期待を込めて…
  • 越谷北高万歳! 再会への道は、部活の友がフェイスブックにて探してくれたのが始まりです。飲み会に誘ってもらい、実に30年ぶり、感激の再会です。当時の面影をだぶらせながら、「おお~、元気か」と昔話に花が咲きました。3年間男クラで女子はほぼ初めてでしたが、逆にとても新鮮な出会いとなりました。学年同窓会当日には更に多くの懐かしい顔、顔、顔。恩師との再会も果たし、30年の年月を超えて蘇る青春の時にジ~ンときたのでありました。そして新たな友も増えました。
DB2P0837 DB2P0698
  • 卒業30周年学年同窓会当日は、30年ぶりに会う仲間とどう接するか、不安を抱えて臨んだが、そんなものは一瞬に吹き飛んだ。そこには、見覚えある恩師や仲間達の顔があった。とても心地よい気分になった。月日が容姿を変えても、すぐあの頃に戻る事ができる。高校時代の仲間とは、そういうものだとつくづく感じた。これからも、再び繋がった仲間を、一生大切にしていきたいと思っている。ご尽力頂いた実行委員の方々に、心から感謝したい。
  • 昔に還るという感覚より、新しい出会いという感じでした。
    思い出に浸るという感覚より、何かを創り出すという印象でした。
    とてもいい場に参画することにより、自分の中で化学反応が起き自分が再生しました。
    やはり人ですね。また30年後にこの感覚を得るために参加したいです。
    いろいろとありがとうございました。
  • 皆に再会するまでは卒業後30年を経て、各々がどう変わったのだろうかという、ある種好奇心的な気持ちがあった。で、実際会って話してみると、確かに表に現れていた部分には変化はあったけれど、それぞれの人柄がいい意味で変わりなかったことに何故か安堵した。そして在学当時の思い出と共に、年甲斐もなく感傷的な気持ちになってしまった自分がいた…
  • 卒業30周年学年同窓会、とっても良かったです。皆に会うまでは、顔がわからなかったらどうしよう、わかってもらえなかったら…と不安でいっぱいでしたが、そんな心配はいりませんでした。会えば、あっという間に時間が戻りました。先生方もお元気で、お会い出来て本当に嬉しかったです。お互いの現状報告、思い出話に花が咲き、飲み物を飲む暇もありませんでした。会が終わった頃には口がカラカラでした。音信不通になっていた友達と連絡先を交換し合う事も出来ました。そして、その後、フェイスブックで今まで話をしたこともない人たちとつながりを持つ事もできました。
  • 30年ぶりの再会が、私の人生に広がりを持たせてくれました。この会を開催するにあたり、実行委員の方々のご苦労は大変なものだったと思います。心から感謝致します。ありがとうございました。
    卒業30周年学年同窓会前の4月に友人が亡くなり、この学年同窓会に一緒に出られなかった事は本当につらいことでした。あのきらきらした時間を共に過ごして来たのに、ここにいない。みんなの懐かしい顔を見ながら、つい泣いてしまいましたが、そんな私を慰め、一緒に涙してくれるのもまた、同窓の友でした。友達っていいですよね。
    そんな友達に北高で出会えて本当によかったと思いました。こうして元気で皆で集まれる事が幸せなことなんだなと思いました。たぶん、それぞれの人生の中にはいろんなことがあると思います。自分の未来なんて誰にも、自分にさえわかりません。でもまた、元気で再会したいです。次の学年同窓会、いつですか?連絡待ってます!
  • 実行委員の皆さん本当にお疲れ様、そしてありがとうございました。30年間、後ろを振り返らずに走ってきた(つもり)でしたが、闊達な恩師のお姿、変わらぬ旧友の笑顔を見るにつけ、当時感じることのなかった甘酸っぱさでいっぱいとなり、柄にもなく「おー!これが青春だったのか!」。この思いが続くよう、そう遠くないいつの日か、また再会できることを願っています。その際は是非お手伝いさせてください。
  • 卒業30周年学年同窓会。卒業後月日が経ち過ぎていて、最初は参加に積極的ではありませんでした。海外在住の自分にとって、日程的にも無理だろうと思っていました。それが、実行委員の友人を通して、準備の様子やみんなの頑張りを聞くうちに、学年同窓会への思いが強まってきました。今は、参加してよかった、その一言です。この歳になって友人がたくさん増えました!この時期に学年同窓会が開催される意味や理由がわかった気がしました。実行委員の皆様や先輩方、お越しいただきお顔を見せて下さった先生方、本当に感謝しております。そして、そして、同窓生のみんな、ありがとう!

次は14期生の番です。みんなで協力して楽しい卒業30周年学年同窓会を開催してください。

 

第13期生学年同窓会実行委員長 森山良一

第13期生卒業30周年学年同窓会当日の開催レポートはこちらです。

◯第13期生30周年学年同窓会実行委員のコメント