お知らせ

同窓会活動報告

14期生30周年学年同窓会実行委員のコメント ②

2014年11月26日(水)

14期生30周年学年同窓会実行委員からのコメントです。

IMG_1972

 

  • 14期はイメージを形にした同窓会だったと思います。前日まで見えない事も多く不安だった分、幕があいてからは感動の連続でした。全員が主役の舞台は始まったばかりです。ここからまた、たくさんの物語が生まれていったらいいなと思っています。
  • 北高生で良かった。みんなありがとう。
  • 同窓会の開催にあたり、微力ながら準備作業の手伝いをさせていただきました。実行委員には在籍時にあまり交流のなかった人が殆どで、最初はなんとなく交流の幅が拡がればいいなと思って打ち合わせに参加していたのですが、回を重ねるごとに皆んなが一所懸命やってるところを見て、絶対に同窓会を成功させよう、成功させなければならないという、妙な使命感に駆られるようになりました。
    小中高大通じて200人以上集まるような大規模な同窓会は初めてだったので、多少の不安はありましたが、ある程度自分でも納得の出来る準備が出来たこともあり、同窓会当日は楽しい時間を過ごすことが出来ました。今後の人生でも、あまり何回もないであろう経験ができてよかったと思っています。
  • ひょんな事から実行委員をお受けして、初めは自分に出来るか自信無かったし、終わった今も特に戦力にはならなかったかなと思います。でもこんな私を仲間に入れてくれて本当に感謝しています。ほかの実行委員のみんなのお陰で考え方も前向きになれたし色んな事に興味が湧いて挑戦する意欲も出ました。30年という時間を経て、北高の同窓生達からたくさん刺激を受けました。有難うございました。
    この歳でこんな経験が出来るのはとても幸運な事だと思っています。
この経験は一生の宝物になります。

実行委員として同窓会の企画や運営に携わるもよし,同窓会当日を楽しみに出席するもよし。
    何しろ,何かに参加してみて下さい。
    当たり前に過ぎている日常では感じられない何かを感じるはずです。
    それは,明日からの貴方に必ずプラスになるでしょうから。
  • 『9月13日、同窓会当日は朝から緊張していました。準備の時間はあっという間にすぎ、いよいよ受け付け開始。続々と集まってくる同級生たち。卒業以来、30年ぶりの再会もあり、あちこちで歓声と笑顔がはじけていました。実行委員でありながらも私自身が同窓会を楽しめたこと、そして友人たちから感謝の言葉をたくさんかけて頂いてとても幸せな1日でした。』
  • 中学3年の終わり頃、「北高に行きたい!」と受験し、
    念願かなって合格。とても楽しい3年間を過ごしました。
    生涯の友とお互いに確信し、今でも細く、長く付き合っている部活仲間もいます。
    しかし、高校時代のことは、ほとんど忘れていました。
    今回の同窓会で、同じ高校に通いながら、全く知らない世界があり、
    会ったことも、話したこともない人の多さに、あらためてビックリしました。
    (丙午なのにね~でも、当然かしら)。
  • 実行委員とは名ばかりで、ほんの一瞬しか関わりませんでしたが、
    当日スタッフとして参加でき、本当にヨカッタです。
    スタッフとして関われたからこそ、感動もヒトシオだったのかもしれません。
  • 卒業30年後、4年8組?の一員になれて、
    新しい友達ができたみたいで、本当にうれしいです。
    北高校歌、演舞の応援歌、その舞台シーンが、今でも忘れられません。
    いつまでも心に残る、感動の同窓会でした。
    みなさんに、感謝です!
    北高、最高! 実行委員、4年8組、最高!!

 

14期生30周年学年同窓会実行委員の皆様、お疲れ様でした!!

越谷北高同窓会事務局

◯第14期生卒業30周年学年同窓会実行委員長のコメントはこちら

◯第14期生卒業30周年学年同窓会参加者の声

◯第14期生卒業30周年学年同窓会当日の開催レポートはこちらです。