お知らせ

同窓会活動報告

越谷北高現役生と同窓会役員との会合

2015年10月16日(金)

平成27年9月26日(土) 12時30分より越谷北高等学校応接室にて、伊藤先生立ち会いのもと、越谷北高の生徒会3年生(6名)と
越谷北高同窓会役員(4名)の合計11名で、親睦会を行いました。
本会合の主旨は、卒業前の生徒会3年生に同窓会の存在を知ってもらい、自分達が45期生だと自覚してもらうことで未来世代の活性化につなげていきたいということです。
私たち同窓会役員と現役生との間には30数年の年の差がありますが、伊藤先生や44期生の森幹事長にもご同席いただいたこともあって、和やかな雰囲気の会議となりました。

越谷北高現役生と同窓会役員との会合

伊藤会長より、同窓会の現状説明、3年生の入会までの流れ、入会式についての説明、入会後の取り組み等についての説明が行われました。また、44期の森さんからは、昨年度入会式の感想や現状の報告がありました。
同窓会の活動については、現役生にとってはまだ実感のわかない話となりましたが、ある程度活動内容についてはご理解いただけたようです。

今回、初の試みとしてこのような意見交換の場を設けてみましたが、ある程度の成果を上げることが出来たのではないかと思います。同窓会としても今回の会合を踏まえて、現役生から入会間もない若い世代の同窓会員への対応について検討していきたいと思います。
伊藤先生、44期森さん、生徒会3年生の皆さんありがとうございました。
何はともあれ、現役生の皆さんはまず、希望の進路目指して頑張ってください。同窓会一同、応援しています!

越谷北高同窓会副会長 平田勇次(14期)